AREA地域

山田町

岩手県 宮古地区

多彩な体験プログラムで自然や暮らしを体感。

波静かな山田湾と、そこで養殖されるカキやホタテが名物の山田町。海の背後にそびえる山々とそこから流れ込むミネラルたっぷりの川が、名物をおいしく大きく育みます。海にも山にも恵まれている山田町では、東日本大震災後、その豊かな自然を生かした多彩な体験プログラムを企画。養殖いかだ見学やシーカヤック、露地栽培しいたけ収穫体験、家庭での一日インターンシップなど、どれも注目を集めています。
町のユニークな歴史にふれることができるのが「鯨と海の科学館」。かつて山田湾北部には捕鯨基地があり、1987年まで捕鯨が行われていました。当時の隆盛の証として展示されるマッコウクジラの骨格標本は、17.6mと世界最大級。圧巻の大きさは撮影スポットとしても人気です。

祭り好きの心を躍らせる「暴れ神輿」。

小さい頃から祭り囃子と神輿の熱気で育った山田町の人たちは、祭りが大好き。中でも山田八幡宮と大杉神社の2つの神幸は、「お盆に帰省しなくてもこの時期には帰省する」という人も少なくありません。当日は八幡大神楽や山田境田虎舞などさまざまな郷土芸能が奉納され、祭りを盛り上げますが、特に目を奪われるのが神輿の渡御。担ぎ手が歩調を合わせる江戸神輿とは異なり、突進したりぐるぐる引き回したりと縦横無尽に引き回す様から「暴れ神輿」ともいわれ、勇壮で迫力満点です。ちなみに神輿が暴れれば暴れるほど、御利益があるのだとか。大杉神社神幸祭で行われる「海上神輿渡御(おしおごり)」は、賑やかなお囃子の中、神輿を担いだ男衆たちが海を渡り、清めた神輿をのせた船が湾内を一周します。

プログラム

EVENT

CONTENTS

文化施設

  • 町立鯨と海の科学館

    世界最大級のマッコウクジラの骨格標本を展示。東日本大震災及び令和元年台風19号により浸水被害を受けたが、令和3年4月1日リニューアルオープンを果たした。

    住所|岩手県下閉伊郡山田町船越7-50-1
    TEL|0193-84-3985
    https://yamada-kujirakan.jp/

観光情報

東北・岩手「山田町」の観光情報サイト
https://www.yamada-kankou.jp/

芸能MAP

  • ALL
  • 神楽
  • しし芸
  • ⽥植踊
  • 踊り
  • 音楽
  • 祭り
  • その他

アイコン凡例

  • 神楽
  • しし芸
  • ⽥植踊
  • 踊り
  • ⾳楽
  • 祭り
  • (☆ 三陸国際芸術祭過去出演団体)
地図上のマークを押すと芸能情報がご覧になれます。
地域一覧に戻る