EVENTイベント開催情報

大槌まつり(中止) Otsuchi Festival

  • 2021
  • 鑑賞
  • 大槌町
  • 開催日

    2021年9月中旬 *2021年度は中止となりました

  • 開催時間

    未定

  • 場所

    大槌町内

  • 料金

    無料

大槌まつりは、大槌稲荷神社と小鎚神社の例大祭を合同で行うものです。
神楽、大神楽、鹿子踊、虎舞、七福神などの郷土芸能、また各地区の手踊りが神輿のお供として連なる神輿渡御行列のお祭りです。神輿渡御では川渡りが行われ、大槌稲荷神社の神輿は大槌川を、小鎚神社の神輿は小鎚川を渡り、その場面は、感動のシーンで観客からは大歓声がわき上がります。そのほか、大槌稲荷神社の祭典では、漁船に神輿と郷土芸能が乗って曳船まつりが行われ、町中が熱気に包まれ盛り上がります。

– Summary –

The Otsuchi Festival is a joint celebration of the annual festivals of the Otsuchi Inari Shrine and the Kozuchi Shrine.
The festival features local folk performing arts such as Kagura, Dai-Kagura, Shishi-Odori (Lion Dance), Tora-Mai (Tiger Dance), and Shichi-Fukujin (Seven Gods of Good Fortune), as well as a procession of people carrying the Mikoshi (portable Shinto shrines) accompanied by hand dancers from each district. As the highlight, the portable shrines of the Otsuchi Inari Shrine cross the Otsuchi River and the portable shrines of the Kozuchi Shrine cross the Kozuchi River. The scene is so moving that the audience erupts in cheers. In addition, the festival at the Otsuchi Inari Shrine, where the mikoshi and local folk performing artists are carried on a fishing boat, is a lively and exciting event that fills the town with energy.

出演団体

金澤神楽保存会
安渡大神楽保存会
城内大神楽保存会
中須賀大神楽保存会
松の下大神楽
臼澤鹿子踊保存会
金澤鹿子踊
上京鹿子踊保存会
德並鹿子踊
安渡虎舞保存会
大槌城山虎舞
向川原虎舞風虎会
陸中弁天虎舞
雁舞道七福神

出演団体:プロフィール

  • 金澤神楽

    文化12年(1815年)頃に大槌町金澤地区に伝わる山伏系神楽です。祭事・仏事での奉納や民間の宿神楽(巡業神楽)としても古くから人々の間で親しまれてきました。金澤地区祭事は元より、昭和15年より大槌稲荷神社に仕え、冬場の巡業など盛んな活動が行われてきました。

  • 安渡大神楽

    藩政時代に大槌代官の命により金崎市兵衛、宮澤又助の両名が南部藩お抱え芸能集団「盛岡の七軒丁」から習得し、町民に伝えたものであるといわれています。明治に入り、大漁豊作の年のみ祭礼開催するようになり一時 衰退した時期もありましたが、先人の強い熱意によって今日まで伝承されてきました。 安渡地区の大人と子どもで組織されています。なかでも当組の獅子は「雄」と言われ、舞い方も雄々しく舞います。 東日本大震災の津波で大半が流されましたが、 伝統芸能復興支援や関係者の努力で活動が再開されました。

  • 城内大神楽

    寛永年代、小鎚神社が現在地に遷宮鎮座した頃、山伏修験者が伊勢流の太神楽を代神楽として陸中閉伊の七明神に持ち込んだのが始まりとされる説や、大槌代官のすすめで七軒丁(盛岡仙北町付近)から習ったとも伝えられる小鎚神社奉納の大神楽です。演目などは町内他の大神楽とほぼ同じですが、雌の獅子といわれ静かに雅やかに舞うのが特徴です。 小鎚神社祭礼の神輿渡御に随行して歩き、門打ちをします。 東日本大震災の津波により被災しましたが支援により 屋台や装束など復活させ現在に至ります。

  • 中須賀大神楽

    起源は定かではありませんが、江戸時代末期と考えられています。明治前期に組織化され現在に至っています。伝承地の中須賀地区は、小鎚神社里宮に隣接しており、東日本大震災の津波により町内地域は家屋も全壊し、獅子頭をはじめ全ての用具・装束・山車など流失しました。伝承者のほとんどは町内外の仮設 住宅などに転居し伝承活動の継続が危惧されましたが、伝統芸能復興支援とメンバーの熱意により活発な伝承活動が再開されています。特徴は、獅子頭に牙がなく雌であると言われ、顔の表情も柔和な顔立ちをしています。歯並びは 獅子頭の中心に一枚歯があり、それを 中心に左右に配置されています。

  • 松の下大神楽

    町内のほかの大神楽と同様に盛岡七軒丁の芸人に由来するという言伝えが残されています。江戸期・盛岡七軒丁の芸人が南部藩主より下賜された獅子頭三頭のうち一頭(光雲作・命名鶴千代)をもって大槌向川原に移住し、 当時、大槌の代官がその者を召し抱えたとされます。文献・記録は残っていません。 昭和に入り、この向川原大神楽の継承者が減少したために近隣の「松の下」 の有志によって引継がれ、昭和37年 以降に松の下大神楽と改名され現在に至ります。獅子頭・用具等は東日本大震災で被災しましたが復興支援により再開しました。

  • 臼澤鹿子踊

    元禄年間に房州の船乗りが伝えた踊りがあったらしいといわれています。天明年間に鹿島神宮へ赴いた大槌の村人が房州踊りに出会い、その技芸を習い覚えたのが現在の鹿子踊りといわれています。大槌まつりの小鎚神社祭礼に奉納し、神輿渡御の先祓いとして参列し、お旅所奉納、個人宅への門打ちを行います。その他、地元臼澤にある小鎚神社分社の祭礼に奉納します。戸数の少ない集落ですが、全戸が保存会に加わり盛り上げています。他集落からの参加者も活動に参加しています。「どろの木」を薄く削った「カンナガラ」をまとい、荒々しく激しい舞が特徴です。

  • 金澤鹿子踊

    江戸中頃(約三百年前)に金沢の大家に茂市から嫁いだ人が茂市より鹿踊の師匠を招き、地元の若者衆に伝授したのが始まりとされています。 明治後半から大正にかけて対間地区にも伝承し昭和45年に保存会が結成され現在に至っています。金沢稲荷神社祭典での奉納舞(五穀豊穣・安全祈願) や新盆宅の供養の舞のほか、大槌まつりにも参加しています。現在、集落の子供に伝承活動を行っています。 町内の他の四団体とは、踊りが異なります。

  • 上京鹿子踊

    三百年ほど前から伝わると言われ、房州生まれの人が釜石栗林 (沢田)で若者衆に鹿子踊りを伝授したことからその周辺に踊りが広まり、上京地区にもこの踊りが伝えられたとされています。この踊りは、別名「房州踊り」と云われ、元々地元に伝えられていた念仏踊りと融合し現在の踊りが形作られたと推測されます。鹿子踊の特長は必ず踊る前に褒め唄を歌ってから踊る事で、門・座敷・宿などを褒めます。大槌稲荷神社・小鎚神社祭礼を初めとし、地元和野大明神・八幡神社の祭礼の他、仏事の供養等で踊ります。

  • 徳並鹿子踊

    江戸時代、海産物の交易が盛んに行われていた頃、房州から来航した船乗りたちが踊って見せたことから広まったという説や、江戸・天明の頃に村の又助という人物が諸国遍歴の途次、常陸の鹿島神宮に伝わる鹿踊りに興味を持ち習い覚えて移入したものだという説もありますが、文献・記録類はありません。 口伝によると町内では古い部類に属する鹿子踊りといわれています。 地元の稲荷神社・方良神社の祭礼に奉納舞が踊られます。また、大槌まつり にも参加しています。

  • 安渡虎舞

    虎舞は江戸中期、山田町大沢より釜石市片岸に伝わったといわれ、安渡虎舞は天保年間に釜石片岸の虎舞より指導を受けて伝承されたといわれています。平成二年に保存会組織をつくり地域一丸となって伝承活動に励み、安渡小学校の児童や地域生徒達の育成を計ってきました。 東日本大震災では保存会メンバーも犠牲になり、道具一切も流失しました。 虎舞の復活を通じて地域の再生を計りたいという思いから伝統芸能復興支援を受け、その年の暮れには装束など揃え再開しました。

  • 城山虎舞

    平成8年、町内の若者達が、釜石市尾崎町虎舞の指導を受け活動を始めました。平成14年より町内の栄町、須賀町地域を拠点に活動していましたが 東日本大震災の大津波により被災しました。 大槌町の虎舞はほとんどが津波の被害を受けており、活動の拠点も失いましたが、2011年4月には残された道具類を共有しながら「大槌虎舞」として 被災者を励まし続けました。 一方、大きな支援を受けてきたお礼に全国各地や海外に出向いて演じ、 感謝と復興への誓いを訴えています。

  • 向川原虎舞

    昭和23年、郷土芸能を通じて青少年の健全育成を図ることを目的に向川原地区の青年会活動の一環として取り入れたのが始まりです。 当初、吉里吉里出身の師匠の指導を受け「和藤内」を取り入れていたが、数年後釜石の虎舞団体との交流の中で踊り・囃子の教えを受け、それが現在の踊りの原形です。後継者不足が危惧された時期もありましたが、釜石の虎舞団体より再度指導を受け活性化を図りました。 東日本大震災の大津波のため人的・物的被害を受けましたが、復興支援と会員の熱意で乗り越え、活動を続けています。

  • 陸中弁天虎舞

    昭和49年、赤浜の若者十数人により「赤浜虎舞」として結成しました。 その後昭和56年、大槌湾に浮かぶ蓬莱島(ひょっこりひょうたん島)に祀られる弁天神社に、和藤内の大神宮のお札と吉里吉里善兵衛ゆかりの品が納められ、 これを機に「陸中弁天虎舞」と改名しました。伝統的な舞の他、独自の舞い方を意欲的に創意工夫し創作披露しています。 大槌稲荷神社・小鎚神社・赤浜八幡神社・弁天神社に奉納してきた。 赤浜地区は東日本大震災の大津波で壊滅的な被害を受け、道具類も流失しましたが、仲間の無念を乗り越え活動を再開し、祭礼にイベントに活躍しています。

  • 雁舞道七福神

    七福神舞は大船渡で踊られていたものが大正初期、三陸町に伝えられました。その後、その宿の人が釜石に移住し東前青年会の依頼で子供たちに教えたのが東前七福神の始まりとされています。 雁舞道の七福神は昭和28年当時、地区青年会の希望により東前から指導者を招いてこの踊りを習得しました。 踊りは座敷踊りであったものをテンポの速い囃子にアレンジし、踊り手は男子小学生を主体として踊り継がれ、青少年育成に寄与してきました。

お問い合わせ

一般社団法人大槌町観光交流協会 TEL:0193-42-5121
主催|大槌まつり実行委員会

令和3年度日本博主催・共催型プロジェクト 三陸国際芸術祭『縦』

主催|文化庁 独立行政法人日本芸術文化振興会 三陸国際芸術推進委員会

共催|八戸市、階上町、洋野町、久慈市、普代村、田野畑村、岩泉町、宮古市、山田町、大槌町、釜石市、大船渡市、陸前高田市、住田町、三陸鉄道株式会社、公益社団法人全日本郷土芸能協会、特定非営利活動法人いわてアートサポートセンター、特定非営利活動法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク 、一般財団法人 カルチャー・ヴィジョン・ジャパン 
後援|岩手県、岩手日報社、東奥日報社、東海新報社、デーリー東北新聞社、NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、テレビ岩手、めんこいテレビ、岩手朝日テレビ、八戸テレビ放送、青森テレビ、青森朝日放送、エフエム岩手、FMねまらいん、青森放送、エフエム青森、コミュニティラジオ局BeFM
協力|特定非営利活動法人震災リゲイン、合同会社imajimu、東北文化財映像研究所、みんなのしるし合同会社、特定非営利活動法人みちのくトレイルクラブ

お問い合わせ先

■NPO法人いわてアートサポートセンター

〒020-0874 岩手県盛岡市南大通一丁目 15-7 盛岡南大通ビル3階
TEL|019-656-8145
FAX|019-656-8146
E-mail|info@sanfes.com
『土地を彩る』シリーズ三陸の芸能(担当:葛谷・岡田・佐々木)

主催事務局

■三陸国際芸術推進委員会 事務局

(NPO 法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク)
〒020-0874 岩手県盛岡市南大通一丁目 15-7 盛岡南大通ビル3階
特定非営利活動法人いわてアートサポートセンター内
TEL|070-8550-0521(直通)
TEL|019-656-8145
FAX|019-656-8146
E-mail|info@sanfes.com

イベント開催情報一覧に戻る