EVENTイベント開催情報

津軽石郷土芸能祭 Tsugaruishi Folk Performing Arts Festival

  • 2021
  • 鑑賞
  • 宮古市
  • 開催日

    2021年12月5日(日)

  • 開催時間

    10:00~

  • 場所

    津軽石小学校 体育館
    Tsugaruishi Public Hall

  • 料金

    無料

宮古市津軽石地区に伝わる郷土芸能が一堂に会して発表します。
津軽石さんさ、津軽石新町太神楽、根井沢剣舞、法の脇獅子舞(鹿踊)に、創作された栄通り太鼓、赤前音頭、地域に根ざした芸能をお楽しみ下さい。津軽石の郷土芸能は毎年8月16日の稲荷神社(あんば様)の祭りで神輿の御供をします。この地区は南部鼻曲がり鮭で知られ、鮭の大漁と秋の豊作を祈って、それぞれが地域を門打ちして踊り歩きます。

– Summary –

Local folk performing arts from the Tsugaruishi area of Miyako City will come together for this performance.
Please enjoy performances of Tsugaruishi Sansa, Tsugaruishi-Shinmachi Dai-Kagura, Neizawa Kenbai Sword Dance, and Norinowaki Shishimai (Lion Dance), with specially-created Sakae-Tori Taiko and Akamae Ondo. All are folk performing arts rooted in the area. Every year, Tsugaruishi’s local folk performing arts accompany the portable shrine at the Inari Shrine (Anba-sama) festival on August 16. This area is known for “Nambu Hana-Magari (nose-curved)” salmon, and people dance around the neighborhood praying for a rich salmon catch and a bountiful fall harvest.

アクセス

■自動車 約1時間20分
盛岡ー国道106号線宮古盛岡横断道路ー宮古市ー津軽石小学校(三陸鉄道リアス線 津軽石駅付近)
*駐車場は津軽石小学校をご利用ください。

■タクシー 
宮古駅ータクシー(約17分:料金 約3000円*目安として)ー津軽石小学校

■公共交通機関   
宮古駅前 7:20ー岩手県北バス(約23分:運賃400円)ー
     9:20
津軽石駅 7:43ー徒歩5分ー津軽石小学校
     9:43        
                
*公共交通機関をご利用の場合は前日までに宮古周辺で宿泊をお勧めします。
*宮古市の宿泊情報はリンク先をご覧ください。
https://www.kankou385.jp/stay/

出演団体

津軽石さんさ踊り保存会
法の脇獅子舞保存会
根井沢剣舞保存会

出演団体:プロフィール

  • 津軽石さんさ

    海産物を商った五十集衆が寛永年間(1624年-1643年)に盛岡のさんさ踊りを習い覚えて伝わったとされています。寛政年間(1789年-1800年)の頃より本格的に踊られ、大正時代に舘下万太が津軽石新町に伝え、現在の形態になりました。毎年、盆の16日に津軽石稲荷神社祭典で舞が奉納され、みやこ秋祭りにも船山車「虎一丸」と共に参加しています。現在は、保育所、小・中学校でも積極的に指導に取り組み、「盛岡さんさ」などにも参加しています。津軽石地区は東日本大震災や2019年の台風18号で大きな被害を受けました。追悼と感謝の意を込めて数多くの行事に出演しています。

  • 法の脇獅子舞

    江戸時代末期に、宮古市茂市から婿に来た佐四郎が茂市鹿子踊を法の脇に伝えたのが始まりとされています。大正時代に現在の形態になったといわれています。

  • 根井沢剣舞

    1583(天正11)年正月、津軽石を治めていた払川城主一戸行重が千徳城内で討たれ、払川舘は落城しました。この時の多くの戦死者を弔うために、根井沢剣舞は始められたといわれています。

お問い合わせ

津軽石郷土芸能団体協議会 事務局 担当|舘下 0193-67-3301

主催|津軽石郷土芸能団体協議会

関連記事

①郷土芸能が一気に観られるチャンス!岩手県「津軽石郷土芸能祭」の魅力と開催の狙いとは? https://omatsurijapan.com/blog/tsugaruishi-geinosai/

②活気ある若手の力に脱帽!岩手県・境田虎舞の魅力と次世代への継承
https://omatsurijapan.com/blog/sakaida-toramai/

令和3年度日本博主催・共催型プロジェクト 三陸国際芸術祭『縦』

主催|文化庁  独立行政法人日本芸術文化振興会  三陸国際芸術推進委員会

共催|八戸市、階上町、洋野町、久慈市、普代村、田野畑村、岩泉町、宮古市、山田町、大槌町、釜石市、大船渡市、陸前高田市、住田町、三陸鉄道株式会社、公益社団法人全日本郷土芸能協会、特定非営利活動法人いわてアートサポートセンター、特定非営利活動法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク 、一般財団法人 カルチャー・ヴィジョン・ジャパン
後援|岩手県、岩手日報社、東奥日報社、東海新報社、デーリー東北新聞社、NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、テレビ岩手、めんこいテレビ、岩手朝日テレビ、八戸テレビ放送、青森テレビ、青森朝日放送、エフエム岩手、FMねまらいん、青森放送、エフエム青森、コミュニティラジオ局BeFM
協力|特定非営利活動法人震災リゲイン、合同会社imajimu、東北文化財映像研究所、みんなのしるし合同会社、特定非営利活動法人みちのくトレイルクラブ

お問い合わせ先

■NPO法人いわてアートサポートセンター

〒020-0874 岩手県盛岡市南大通一丁目 15-7 盛岡南大通ビル3階
TEL|019-656-8145
FAX|019-656-8146
E-mail|info@sanfes.com
『土地を彩る』シリーズ三陸の芸能(担当:葛谷・岡田・佐々木)

主催事務局

■三陸国際芸術推進委員会 事務局

(NPO 法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク)
〒020-0874 岩手県盛岡市南大通一丁目 15-7 盛岡南大通ビル 3 階
特定非営利活動法人いわてアートサポートセンター内
TEL|070-8550-0521(直通)
TEL|019-656-8145
FAX|019-656-8146
E-mail|info@sanfes.com

イベント開催情報一覧に戻る