EVENTイベント開催情報

田野畑村芸能フェスティバル(中止) Tanohata Village Folk Performing Arts Festival

  • 2021
  • 鑑賞
  • 田野畑村
  • 開催日

    2021年11月7日(日)※2021年度は中止となりました

  • 開催時間

    10:00〜

  • 場所

    アズビィホール

  • 料金

    無料

村内の郷土芸能、舞踏等の発表の他、ゲスト団体を招いて芸術鑑賞の機会とするフェスティバルです。育成団体による児童生徒の発表の機会ともなっており、後継者の育成の機会としての側面も持っています。活動歴が長いベテランから、地区で活動に取り組んでいる小学生までの、幅広い年代が演じる芸能が堪能できます。これまで隔年で開催し、昨年度が開催年となるも、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止に。今年度の開催を目指します。 

– Summary –

The festival features presentations by local folk performing arts and Butoh dancers from the village along with invited guest groups to provide an opportunity to appreciate the arts. The festival also serves as an opportunity for children and students learning the folk performing arts to present their own performances and to nurture the next generation of artists. The festival offers a wide range of folk performing arts by people of all ages, from seasoned veterans with many years of experience to elementary school students who are engaged in the arts in the district. The festival has been presented every other year. Last year it was supposed to be held, but was cancelled to prevent the spread of the new coronavirus. We hope to be able to present the festival this year.

出演団体

大宮神楽伝承保存会
菅窪鹿踊保存会
甲地自治会鹿踊保存会
若柳流寿慧会
若鶴会

出演団体:プロフィール

  • 大宮神楽

    大宮神楽は鎌倉時代の延元2年(1337年)、当時大宮神社の別当で、羽黒派山伏の栄福院によって伝えられた山伏神楽です。 田野畑村羅賀に鎮座する大宮神社の御心霊を権現様に移して、悪魔祓い、火伏、無病息災、家内安全、五穀豊穣、大漁成就、商売繁盛など幸せを祈って祈祷の舞をする神楽です。 テンポが速く、三拍子のリズムにのり、躍動感あふれる勇壮かつダイナミックに舞うのが特徴となっています。

  • 菅窪鹿踊・剣舞

    菅窪鹿踊(すげのくぼししおどり)は、囃子に合わせて身体を被う幕を内側から動かして踊る幕踊系に属し、一人立、八頭で構成します。 近世に大芦から菅窪に移り住んだ大工の常五郎が伝えたといわれており、大芦に享和年間(1801年〜1803年)に建立した大念仏供養の石碑、菅窪に太夫常五郎が建立した嘉永5年(1852年)銘の大念仏供養碑が残っています。 同一の踊組が鹿踊りから早がわりして剣舞を踊る珍しい芸態をもっています。 鹿踊りは、鹿頭が野生鹿を象っていることが特徴的で、菅江真澄の「奥南部の鹿踊面写生図」に類似するなど芸能史的に注目されます。剣舞の代表芸とする大念仏は、大念仏の功徳に及び口上があり、二人一組の踊子7組が採物を異にして供養念仏を唱えて踊るもので、民間の祖霊信仰を基とした芸能です。また、花笠や銭太鼓を採物とする他の曲目も独特で、地方的特色を示しています。毎年盆の14日に菅窪の共同墓地で、また5月の雷電神社の祭礼などで踊られています。

  • 甲地鹿踊

    甲地鹿踊りは幕踊り系の鹿踊りで、田野畑村甲地地区で継承されている勇壮華麗な伝統舞踊で、躍動感あふれる動きが特徴です。多くある演目のうち剣舞は地域の小学生にも伝承されています。
    1981年(昭和56年)田野畑村無形民俗文化財に指定されました。

  • 若柳流寿慧会

    昭和59年に本村初の日本舞踊の団体として、若柳流1級師範若柳寿慧からの指導を受け、今日まで活動してきました。出演は村内外関わらず行っており、東日本大震災以降はお見舞いチャリティー等も行ってきています。

  • 若鶴会 

    会主の正派若柳貴千鶴からの指導を受け、月に2~3回ほどの稽古を行っています。活動は各種演芸会、施設等の慰問等を行っています。

お問い合わせ

田野畑村芸術文化協会

主催|田野畑村芸術文化協会
後援|田野畑村、田野畑村教育委員会

令和3年度日本博主催・共催型プロジェクト 三陸国際芸術祭『縦』

主催|文化庁 独立行政法人日本芸術文化振興会 三陸国際芸術推進委員会

共催|八戸市、階上町、洋野町、久慈市、普代村、田野畑村、岩泉町、宮古市、山田町、大槌町、釜石市、大船渡市、陸前高田市、住田町、三陸鉄道株式会社、公益社団法人全日本郷土芸能協会、特定非営利活動法人いわてアートサポートセンター、特定非営利活動法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク 、一般財団法人 カルチャー・ヴィジョン・ジャパン 
後援|岩手県、岩手日報社、東奥日報社、東海新報社、デーリー東北新聞社、NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、テレビ岩手、めんこいテレビ、岩手朝日テレビ、八戸テレビ放送、青森テレビ、青森朝日放送、エフエム岩手、FMねまらいん、青森放送、エフエム青森、コミュニティラジオ局BeFM
協力|特定非営利活動法人震災リゲイン、合同会社imajimu、東北文化財映像研究所、みんなのしるし合同会社、特定非営利活動法人みちのくトレイルクラブ

お問い合わせ先

■NPO法人いわてアートサポートセンター

〒020-0874  岩手県盛岡市南大通一丁目 15-7 盛岡南大通ビル3階
TEL|019-656-8145
FAX|019-656-8146
E-mail|info@sanfes.com
『土地を彩る』シリーズ三陸の芸能(担当:葛谷・岡田・佐々木)

主催事務局

■三陸国際芸術推進委員会 事務局

(NPO 法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク)
〒020-0874 岩手県盛岡市南大通一丁目 15-7 盛岡南大通ビル 3 階
特定非営利活動法人いわてアートサポートセンター内
TEL|070-8550-0521(直通)
TEL|019-656-8145
FAX|019-656-8146
E-mail|info@sanfes.com

イベント開催情報一覧に戻る