EVENTイベント開催情報

モデルコース|若き芸能者と出会う旅 2泊3日 2022.09.09(金)-11(日)

  • 2022
  • モデルコース
  • 八戸市
  • 洋野町

東京⇆八戸⇆洋野コース

今年の三陸国際芸術祭の2大イベントの一つを岩手県洋野町で開催します。若い芸能者が集うイベント、芸能彩生ミーティングと三陸未来芸能彩に参加・観覧いただくための2泊3日のモデルコースです。1日目は、青森県八戸市を街歩きし、三陸の幸・自然、歴史を丸ごとご堪能いただき、2〜3日目は、若い芸能者と出会うイベントを中心として、体験・交流・観覧するプログラムです。ジオパークにも認定されている三陸沿岸地域の風景と共にどうぞお楽しみください。

岩手県八戸市|館鼻岸壁朝市
三陸未来芸能彩・芸能彩生ミーティングに出演|<岩手県の高校生芸能> 岩手県立北上翔南高等学校
三陸未来芸能彩・芸能彩生ミーティングに出演|<三陸の高校生芸能> 岩手県立岩泉高等学校郷土芸能同好会

注意事項

  • ここでご紹介するモデルコースは、三陸を楽しんでいただけるように作成しました。ツアーを募集するものではございませんので、予めご承知おきください。

宿泊と交通機関について

  • 9月10日(土)は、青森県三沢市で行われる三沢基地航空祭のため、青森県八戸市や岩手県洋野町のホテルの予約は厳しい状況です。宿泊場所は、お早めにご計画ください。
  • 公共交通機関の利用を基本としています。状況において、タクシーやレンタカーのご利用をご検討ください。
  • コロナ禍等の影響で、交通機関の運行時間、各施設や店舗等の営業時間等に変更することも予想されますので、事前にご確認をお願いいたします。

コロナ感染防止対策について

  • コロナ感染拡大防止のため、各イベントや施設、店舗等のコロナ感染防止対策を遵守し行動してください。

若き芸能者と出会う旅 2泊3日
東京⇆八戸⇆洋野コース
2022.09.09(金)-11(日)

1日目
2022.09.09(金)

「三陸の幸・自然、歴史が堪能できる街 八戸」

時 間スケジュール備 考
09:08東京発ー八戸着(12:01) 東北新幹線はやぶさ11号
12:35八戸駅発ー八食センター着(12:47)八戸駅東口8番のりば
八食センター専用バス
13:00昼食|八食センター
14:25八食センター発ー中心街(六日町)着(14:45)厨スタジアム東口
八食センター専用バス
八戸中心街ターミナル⑤番下車
15:00ホテル チェックイン八戸市内のホテル(2泊)
中心街散策徒歩
八戸市美術館徒歩
八戸ブックセンター徒歩
八戸ポータルミュージアムはっち・八戸まちなか広場 マチニワ徒歩
夕食|八戸横丁徒歩
2日目
2022.09.10(土)

「さあ、若き芸能者と語り、踊ろう」

時 間スケジュール備 考
09:37八戸駅発ー鮫駅着(09:50)JR八戸線 久慈方面
鮫駅発ー蕪島海浜公園着(10:00)ワンコインバス うみねこ号 種差海岸遊覧バス
10:00見学|蕪嶋神社徒歩
見学|八戸市水産科学館マリエント徒歩
11:14水産科学館前発ー種差インフォメーションセンター着(11:37)ワンコインバス うみねこ号 種差海岸遊覧バス
12:20トレッキング|種差海岸種差インフォメーションセンター|要予約のイベント参加12:38〜14:15頃(集合 12:20)
15:01種差海岸駅発ー種市駅着(15:23)JR八戸線 久慈方面
15:40三陸国際芸術祭2022 彩
芸能彩生ミーティング
16:00~18:00 (開場 15:30)
19:02種市駅発ー本八戸駅着(19:52)JR八戸線 八戸方面
20:10夕食|八戸横丁徒歩
3日目
2022.09.11(日)

「洋と野に舞う若い芸能者の演舞に感動‼︎」

時間スケジュール備考
06:13
又は
07:16
本八戸発ー陸奥湊駅着(06:19 又は07:23) JR八戸線 久慈方面
07:40朝食|館鼻岸壁朝市開催時間|日の出~9時頃まで
09:44陸奥湊駅発ー種市駅着(10:24)JR八戸線 久慈方面
10:40見学|ひろの水産会館ウニーク徒歩
11:30昼食|はまなす亭徒歩
12:30公演|三陸国際芸術祭2022 彩 「三陸未来芸能彩」(13:00〜15:45)(受付開始12:00開場12:30)
17:44種市駅発ー八戸駅着(18:44)JR八戸線 八戸方面
19:06
又は
20:12
八戸駅発ー東京駅着(22:04又は23:04)東北新幹線はやぶさ46号

1日目
2022.09.09(金)

「三陸の幸・自然、歴史が堪能できる街 八戸」

  

時 間スケジュール備 考
09:08東京発ー八戸着(12:01)東北新幹線はやぶさ11号
12:35八戸駅ー八食センター(12:47)八戸駅東口8番のりば
八食センター専用バス
13:00昼食|八食センター
14:25八食センター中心街(六日町)14:45厨スタジアム東口
八食センター専用バス
八戸中心街ターミナル⑤番下車

15:00ホテル チェックイン八戸市内のホテル
中心街散策徒歩
八戸市美術館徒歩
八戸ブックセンター徒歩
八戸ポータルミュージアムはっち・八戸まちなか広場 マチニワ徒歩
夕食|八戸横丁徒歩

東京駅



新幹線はやぶさ11号
09:08発
12:01着

所要時間2時間53分

八戸駅

八戸駅東口8番のりば
八食100円バス(JR八戸駅循環)
12:35発
12:47着

所要時間12分

13:00〜八食センター

「八戸の食・楽・遊がてんこ盛り」

▲新鮮な海の幸はもちろんのこと、たこ焼きやコーヒー、フルーツサンドなどのお店も。

▲ いちば亭

▲センター内の七厘村で購入した食材を焼いて味わえる。

~八戸を食べつくすドデカ市場~

水揚げされたばかりの新鮮魚介類、乾物珍味、お土産など八戸の名物が勢ぞろい!

四季折々の旬の食材が並ぶ姿は迫力満点。買った食材をその場で食べられる広場や七厘村などの施設も充実。「のっけ丼」は自分の好きな具材を自由に盛り付けができると大人気!フリーライブやお笑いライブ、マグロの解体ショー、プロの技が学べる「八食料理道場」などイベントも盛りだくさん!
また、アクセスには八食100円バス(JR八戸駅循環)八食200円以下バス(八戸中心街循環)が便利。


八食センター

〒039-1161

青森県八戸市河原木字神才22-2

TEL|0178-28-9311

FAX|0178-28-9312

営業時間:9:00~18:00市場棟

9:00~18:00(L.O.17:30) 味横丁(水曜定休)

9:00~21:00飲食棟厨スタジアム(元日定休)

https://www.849net.com/guide/


八食センター専用バス
厨スタジアム東口
14:25発
14:45着
八戸中心街ターミナル⑤番下車

所要時間20分

中心街(六日町

八戸市の中心街は、徒歩圏内に魅力的な場所が多く、新しさと懐かしさが混在一体となっている素敵な街です。どうぞ自由に散策してください

中心街散策

徒歩

15:00ホテル チェックイン(八戸市内のホテル)


八戸市美術館

種を蒔き、人を育み、100年後の八戸を創造する美術館

©Daici Ano

▲八戸市美術館

©Daici Ano

▲ジャイアントルーム

©Daici Ano

▲ 展示室

~出会いと学びのアートファーム~

アートを通した出会いが人を育み、人の成長がまちを創る「出会いと学びのアートファーム」をコンセプトとして、昨年11月3日にオープン。「もの」としての美術展示の空間に加え、「ひと」が活動する大空間「ジャイアントルーム」が特徴的な美術館。「ひと」や「もの」が出会い・学びあい、生まれる「もの」「こと」がまた新たな創造を育む。地域における文化創造の土壌を目指し、誰もが気軽にアートに触れられる機会を提供する「展覧会」と、市民とともにアートを介して出会いや学びを誘発するさまざまな「プロジェクト」を展開している。


八戸市美術館

〒031-0031

青森県八戸市大字番町10-4

TEL| 0178-45-8338

FAX| 0178-24-4531

営業時間:10:00~19:00(入場は18:30)

休館日: 火曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始 

https://hachinohe-art-museum.jp/


八戸ブックセンター

本のある暮らしの拠点「八戸ブックセンター」

▲センター内の様子

▲ カンヅメブース

▲ ハンモック席

~全国初の、まったく新しいかたちの書店~

全国でも珍しい、市が運営する本のセレクトショップ。書棚は「本との偶然の出会い」を創出するためにテーマ毎の陳列がされており、館内で販売するハンドドリップコーヒーなどのドリンクを飲みながら、ソファーやハンモック席でゆっくりと閲覧できる。また、執筆専用の「カンヅメブース」を設け、出版に至るまでのお手伝いやワークショップも行っている。


八戸ブックセンター

〒031-0033

青森県八戸市六日町16-2 GardenTerrace1階

 TEL| 0178-20-8368

FAX| 0178-20-8218

Mail| bookcenter@city.hachinohe.aomori.jp

開館時間 10:00~20:00(日・祝10:00~19:00) 休館日 火曜日

https://hachinohe-art-museum.jp/


八戸ポータルミュージアムはっち・八戸まちなか広場 マチニワ

まちを元気に、ひとを元気に

▲「八戸ポータルミュージアム はっち 」ガラス張りの外観

▲「八戸ポータルミュージアム はっち 」館内施設

▲おしゃれな館内の「マチニワ」

~八戸の魅力や観光スポットを紹介~

八戸の自然や食、祭り、歴史、文化など、地元の魅力や見どころを紹介する文化観光交流施設。ここから、各観光地へ誘うポータル(玄関)としての役目を持ちます。「八戸の資源を大事に想いながら、新しい魅力を生み出していく」をコンセプトに、八戸のシビックプライドを醸造するシステムを有したミュージアム。また、はっち向かいにはガラス張りの屋根付き広場「マチニワ」も。会所場や休憩などの日常使いのほか、イベントなどの多目的スペースとしても利用できる。


八戸ポータルミュージアム はっち

〒031-0032 

青森県八戸市三日町11-1

TEL| 0178-22-8228

開館時間 |9:00〜21:00

休館日|毎月第2火曜日

https://hacchi.jp

八戸まちなか広場 マチニワ

〒031-0032 

青森県八戸市三日町21-1

TEL| 0178-22-8228(はっち)

開館時間 |6:00〜23:00

休館日|なし 

https://machiniwa8.jp


八戸横丁

昭和の匂い漂う、なつかしの空間へ

▲ みろく横丁

▲ ハーモニカ横丁

長横町れんさ街

〜横丁の美酒と人情に酔いしれ、時を忘れてはしご酒〜

八戸には名前の付けられている8つの横丁が残っており、地元に愛される名店がズラリと並んでいる。昭和の風情と美酒・美食を求め、毎夜にぎわいを見せている。

横丁にはそれぞれ独特の雰囲気があり、八戸の郷土料理が味わえる居酒屋、常連客が集う小料理屋、老舗のスナックやエスニック料理店など、バラエティ豊かなお店が揃う。店主や隣の客との距離が近く、すぐに仲良くなれることも横丁の魅力の一つ。

ハシゴするのが屋台の醍醐味なので、何軒かまわって色んな味を楽しむのがおススメ!


八戸横丁(8ヶ所

  • みろく横丁
  • たぬき小路
  • 5番街
  • 八戸昭和通り
  • ハーモニカ横丁
  • 長横丁れんさ街
  • ロー丁れんさ街
  • 花小路

▼詳しい情報はこちらから

http://www.nonbe.jp/yokocho/


イベント開催情報一覧に戻る