アーティスト

赤澤鎧剣舞

大船渡市

大船渡市無形民俗文化財第一号。 赤澤鎧剣舞は大船渡町赤澤部落に伝わる民俗芸能で江戸時代末期頃より踊られていたが、一時途絶え、明治に入り、中興、昭和四十六年より赤澤芸能保存会の名称で「赤澤曲禄」と二つの民俗芸能を保存伝承。 以前には、脱ぎ垂れ剣舞と称し衣装の両袖を脱いで踊るいわゆる脱ぎ垂れの装束だったが、約百数十年前から鎧を着装するようになり「赤澤鎧剣舞」と改められて現在に至る。 鎧を着装し踊る様は気仙地方独特であり赤澤鎧剣舞が草分け的存在として、勇壮にして華麗で、しかも見る者に圧倒的な感動を与える赤澤鎧剣舞こそ鎧剣舞の元祖と言われる由縁である。

参加プログラム