アーティスト

臼澤鹿子踊

臼澤鹿子踊保存会|大槌町

元禄年間に房州の船乗りが伝えた踊りがあったらしい。天明年間に鹿島神宮へ赴いた大槌の村人が房州踊りに出会い、その技芸を習い覚えたのが、現在の鹿子踊りと言われている。
大槌まつりの小鎚神社祭礼に奉納し、神輿渡御の先祓いとして参列し、お旅所奉納、個人宅への門打ちを行う。その他、地元臼澤にある小鎚神社分社の祭礼に奉納する。戸数の少ない集落だが、全戸が保存会に加わり盛り上げている。他集落からの参加者も活動に参加している。「どろの木」を薄く削った「カンナガラ」をまとい、荒々しく激しい舞が特徴である。

参加プログラム