アーティスト

法霊神楽

法霊神楽保存会|八戸市

おがみ神社法霊神楽は、法霊山おがみ神社神社において伝承されてきた山伏神楽。おがみ神社は江戸時代には八戸藩の守護神として崇められ、藩内の山伏らによってご祈祷の神楽が行われ、明治以降も近郊の神楽団体によって神楽が続けられた。戦後、当社直属の神楽団体がないことを惜しんだ地元青年会らは、地元の神社の援助を得て八戸市内の師匠を招き「江刺家手(流)」の神楽を習い、さらに「中山手(流)」の神楽を踊る尻内地区の人たちも加わるようになり、現在2つの流派が共に伝わっている。権現舞、山の神舞、鶏舞、三番叟、剣舞、翁舞、番楽、荒神、二人荒神、等があるが、家固め、墓獅子などの祈祷や供養も残り引き継がれている。青森県無形民俗文化財。

参加プログラム