アーティスト

夏井大梵天神楽(夏井中学校)

夏井大梵天神楽保存会、久慈市立夏井中学校|久慈市

夏井大梵天神楽は、大梵天神を主祭神として文和3年南北朝時代以来、山伏修験者により夏井町大宝院に於いて舞い継がれてきた。昔から正月にの家々を巡行し、悪魔をい、家運長久を祈り、鎮魂の舞曲として代々受け継がれてきた。昭和53年に夏井大梵天神楽保存会を組織。平成11年に岩手県指定無形民俗文化財に指定。
地元の夏井中学校では、全校で夏井大梵天神楽の伝承活動に取り組んでいる。保存会から直接指導を受けながら練習を重ね、全校生徒が舞を習得し、学校の文化祭や、市郷土芸能祭等の舞台で夏井大梵天神楽を披露している。

参加プログラム