アーティスト

吉里吉里大神楽

吉里吉里大神楽保存会|大槌町

江戸時代前期、二代目前川善兵衛富永の三男善右衛門からお抱え業者である「鍛冶屋」三浦家(川原通り)に獅子頭が寄贈され、伝承が始まったものと口伝されている。踊りの由来は定かではないが、近隣の地区などとの交流により伝授されたものと推察される。また吉里吉里は、豪商前川善兵衛の本拠地であったため江戸との交流が盛んであった影響なのか獅子頭の風貌は江戸風である。悪魔退散・天下泰平・商売繁盛を祈願する舞で、吉里吉里天照御租神社の丁印として現在に至る。また八大龍王社祭礼でも舞を奉納する。

参加プログラム