アーティスト

中里七ツ舞

中里七ツ舞郷土芸能保存会|岩泉町

この舞は、下閉伊郡地方に古くから伝承していた黒森神楽(山伏神楽)で、家々に舞い込む先払いの芸能から風流化したもの。太刀や薙刀、杵、扇子等七つの道具・武具を持って神の道案内をするという舞で、岩泉町小本地区独特のテンポの速い勇ましい振りで、中里の小中高生を中心にして構成されており、2人一組で向かい合って踊る。全国的に高い評価を得るほか、13年にわたって岩手大学ばっけの会に伝承している。

参加プログラム